Penguin Readers Easystarts おすすめの洋書

スポンサーリンク
eigotadoku (large)

辞書なしでスラスラ読める Penguin Readersシリーズとは

辞書を引きながら洋書に挑戦するものの、いつも途中で断念してしまうとしたら、それは無理しているからです。私は英語が非常に苦手でした。大嫌いで怖くて、自分には英語を学ぶことは無理だとあきらめていました。学生時代、模擬試験はほぼ0点でした。そんな私でも、辞書なしで易しい洋書からなら、楽しみながら細々と続けていくことができました。

なぜそんなことができるのかというと、とても簡単な英語の本からスタートしたからです。英語学習者用にレベルわけしたうえに、語彙や文法事項も読みやすいように制限している読み物があります。今回はその中から、Penguin Readersシリーズの最初のレベルEasystartsを紹介します。

でもその前に一つだけ、挫折しないためのコツをお伝えします。

始めのうちは、細かいことにこだわらない

まずは英語のストーリーを楽しむことに重点を置き、細かいことにこだわらないこと。ここでおすすめしている易しいレベルの洋書、Penguin ReadersのEasystartsは、ストーリーがものすごくシンプルです。細かい描写はありません。はっきり言って、ストーリーは粗削りで、ぶっきらぼうな感じで、味わうような文章ではありません。だからこそ、筋を追うという読み方に徹することができます。

何がどうしてどうなった、ということに集中して読めばいいだけです。このステージでは物語そのものが楽しめるというよりも、英語が辞書なしでスラスラ読める感覚を楽しめます。読んでいるうちに、意外と読めている自分に驚くかもしれません。とにかくこのレベルの易しい洋書を、ガンガン読んで、スラスラ読める感覚を楽しんで、英語らしい表現に少しずつ慣れていくことから始めましょう。

易しい洋書 おすすめのPenguin Readers

一番易しいレベル Easystarts YL0-0.9

『The Long Road』
YL0.8、総語数900
癌により、片足を失った少年が、同じように癌で苦しむ子供たちのために、片足と義足でマラソンし、義援金を集めるというストーリーです。途中、激しい痛みに襲われますが、強い意思と勇気で立ち上がります。感動的な実話ですが、かなりコンパクトにまとめられていて、物足りなさを感じるかもしれません。
『HANNAH AND THE HURRICANE』
YL0.8、総語数900
純粋なラブストーリー。お金が全てというお金持ちの男性Max Markerが、主人公の女の子Hannaが働いている観光の仕事場をつぶしにかかります。あまりにもひどい振る舞いに怒りを感じるHannaでした。そしてハリケーンが来た日に、最悪なことが。
『Lucky Break』
YL0.8、総語数900
足を怪我したTomはアンラッキーなのか?いやいや、そうでもない?なんと偶然にも憧れの女優さんが来ると言うのです。急いでタクシーで駆けつけたTom。そして女優さんとの対面・・・。ありえない展開が面白いです。
『Marcel and the White Star』
YL0.8、総語数900
Marceはフランスのねずみで探偵です。ある日お金持ちのご夫人が所有する高価なダイアモンドの指輪が盗まれます。名探偵Marceは事件解決に向けて動きます。このレベルの人気シリーズです。
『The Big Bag Mistake』
YL0.8、総語数900
1ヶ月の休暇Rio de Janeiroで過ごしたGisela。帰りの飛行機の中でうっとおしい若い男性に声をかけられ、ブルーに。たまたま同じ色のバッグを持っていたため、不運にかばんを取り違えてしまい、困ったことに。
『Dino’s Day in London』
YL0.8、総語数900
Top Taxisで運転手をしているTommy。ある日、女優の息子にロンドンの街を案内するよう指示されます。くれぐれも失礼のないように上司から言われます。Tommyは上手に案内できるのでしょうか。
『Marcel and the Mona Lisa』
YL0.8、総語数900
Marceはフランスのねずみで探偵です。ルーブル美術館のモナリザの絵が盗まれます。天敵ネコたちに追いかけられながら、事件を追います。人気のシリーズです。
『Flying Home』
YL0.8、総語数1,000
黄色と青の色の鳥がいました。その鳥はブラジルに住んでいましたが、今はニューヨークの都会で鳥かごの中にいます。ブラジルに帰る日を夢見ながら毎日を過ごします。そしてある日、鳥かごの扉が開いたままの隙を見計らって、大空へ飛び立ちます。ブラジルへ向かって・・・。
『Newspaper Chase』
YL0.8、総語数900
泥棒のHarryは、美術館で高価な絵画を盗み出しました。しかし引き上げる時に、花瓶を割ってしまいます。部屋に帰り、新聞に絵画を挟んで隠しておいたところ、古紙回収車に持って行かれそうになり、大慌て。

ここに紹介した以外にもたくさんのタイトルがあるので、お好みのものを見つけて読んでみましょう!

一つ上のレベルのおすすめ洋書

link<一つ上のレベルの洋書>Oxford Bookworms Starter YL0-0.9

link<一つ上のレベルの洋書>Penguin Readers YL1.0-1.9

スポンサーリンク
eigotadoku (large)
eigotadoku (large)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする