楽しむことを大切に・1月英語絵本の会

1月23日(木)、コスメイト行橋3階の会議室で英語絵本の会がありました。10名が参加しました。先月まで図書館の赤ちゃん絵本コーナーで私たちの英語絵本の読み聞かせに来てくださっていたお母さんと赤ちゃんが、今回例会に初参加。新図書館がオープンするまでお会いできないのが寂しいなと思っていたので、こうしてお会いできたことは嬉しかったです!

スポンサーリンク
eigotadoku (large)

2020年スタート、楽しむことが一番!の会

年が明け、レギュラーメンバーのお休みはありましたが、いつもと変わらないほどの参加人数で英語絵本の会がスタートしました。今月から3月までは、今まで通りコスメイトの会議室で例会をします。

今回はいつも私たちの読み聞かせに来てくれていた赤ちゃん連れのお母さんが、私たちと一緒に絵本を読んで楽しいひと時を過ごしてくださってとても楽しかったです。今まではあまりゆっくりお話する機会がありませんでしたが、母子の様子やお母さんのお話を聞くことができました。こういう出会いはとても嬉しいです。

会では各自が持参した英語の絵本をお互いに読み合って、感想を述べたり質問したり、ストーリーや著者について話したり、それから離れて自分のことを話したり、どこで絵本を調達しているかなど、いろんなおしゃべりをします。英語の練習とか勉強をしに来るというよりは、英語の絵本を読みながら、楽しく交流する場です。

長く続いている理由は、力を抜いて気楽にしているからだと思います。それでも会が発足してからずっと続けてきている人たちは、ずいぶん英語の絵本を読むのが上手くなっているんですよ。楽しみながら続けることって大事なんだなと、みんなの姿を見るとそう感じます。

今回読んだ英語絵本の紹介

この日もたくさんの面白そうな絵本が集まりました。その中からいくつかを紹介します。

The Lady With the Alligator Purse

ナンセンスで愉快な絵本です。リズムよく読めば、”The Lady with the Alligator Purse”と言うのが楽しくなりそう♪ 幼稚園・保育園・小学校低学年の子どもたちに大ウケすると思います。

It Might Be An Apple

ヨシタケシンスケ著の絵本。ユニークな視点が、英語版になっても変わらず面白いです。海外でも高評価だとか。図書館に英語も日本語もあるので、4月の新図書館オープンを待たなければなりませんが借りることができます。

Can I Be Your Dog?

飼い主のいない犬Arfyが街の中で一番良さ気な、「飼い主になってくれませんか?」という手紙を送ります。すぐに断りの返事が来ました。あきらめずに手紙を送るArfyですが、なかなか幸せは訪れません。どんな結末になるのか、読みながらドキドキワクワクできる絵本です。

来月の予告

次回の英語絵本の会は、2月27日(木)13時半から15時までです。コスメイト3階の会議室で行います。参加無料で英語の絵本が好きな人なら誰でも参加できます。好きな英語の絵本を持参して集まり、お互いに読み合って楽しむ会です。読みたい英語の絵本を持参しても良いし、見るだけでもOKです。

飛び入り参加大歓迎です。当日直接会場へお越しください。何かご不明点などあれば、フェイスブックページ「英語絵本の会」からメッセージやコメントなどでお問い合わせください。

スポンサーリンク
eigotadoku (large)
eigotadoku (large)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする