英語をモノにする一番確実な方法?

一番確実な英語の学習法とは何か?今回はそういうテーマの英語学習本を紹介します。

スポンサーリンク
eigotadoku (large)

日本人が「英語をモノにする」一番確実な勉強法

「一番確実」という強い言葉に、いったいどんな方法なのか?と興味が湧いてきました。「確実な」というのは、挫折しないで着実に力をつけていける、という意味であると理解しました。

「挫折」。それは英語学習者にとって、もっとも恐れるべき敵なのではないでしょうか。この本には、いったいどんな策が提案されているのかなぁ・・・すごい画期的な方法だったりして。

英語学習で一番確実なのは、挫折しないこと

すごい画期的な方法だったりして・・・という期待はあっさりどこかへ消えてしまいました。著者は、とても努力家で真面目で熱心な方なのかもしれません。この本で提案されている挫折対策は、私のような人間には全く効果がなさそうでした。この本の中にも、他の英語学習本と変わらず、多くの英語教材が紹介されていました。英語教材を探している人なら、参考になるかもしれませんね。

英語学習はどの教材を使うかより、どう使うか

思うのですが、どの教材を使うかよりも、どう使うかのほうが絶対に重要だと思います。どう使うかは、その人の目標・重点の置き方によって違いますね。

私の場合、英語学習歴は長いのでいろいろな教材を使ったことがあります。しかし、どれも最後には「最後までやり遂げる」ことが目的になってしまい、肝心の中身が残ってない!という悲惨なことに。

計画表とか達成度が一目でわかる表みたいなのを作っちゃうと、私の場合はその「計画表・達成表」のワナにはまる傾向が強いです。そのようなタイプの人が教材中心に英語学習を進めてしまうと、そこが落とし穴かなと思うのです。もちろんしっかりした目的意識を持っていれば、そういう落とし穴には落ちなかったのでしょうけれど(苦笑)。

著者はまさに私が落ちていた落とし穴=「達成度が一目でわかる表」を提案していました。それが挫折を食い止めると。つまり、ここまでやってきたのだから、やめてしまうのはもったいない、という心理を利用するらしいです。

これは・・・両刃の剣になりうると言えそうです。

英語を「勉強」することと「使う」こと

勉強することと、英語を使うことは別。というのが私の考えです。どういうことかというと、勉強した時間の何倍もの時間と量の生の英語に触れて、英語に慣れ、そして新しい英語の知識をそこで活かしながら反復していかないと、本当にモノにすることはできないと思うのです。

この本の著者も述べている通り、英語の習得は楽チンなものではありません。一日○分でマスターできるものでもありません。私はだからこそ、心底楽しみながら取り組まないと挫折が待っているか、苦しい修行みたいになってしまうと思うのです。

本来、英語を学びそれを使うことは、とても楽しい事なはず。自分の母国語以外の言語で何かを理解し、自分で言いたいことを発信できるのだから。

その行為は、今まで自分が使ってきた言語によるものの見方・考え方(つまり表現方法)とは異なる方法で、文章読んで理解したり、文章を作ったりするということは、とても刺激的で興味深いはずです。何か新しい自分を発見したか、新しい自分が生まれたような、わくわくして自分の可能性がどんどん広がっていくような気分になれるから。

そういうことを感じながら英語に日々触れていけると、私にとっては楽しくて挫折なんてありえません。皆さまはいかがでしょうか。

英語学習 自分の可能性を信じよう!年齢は関係ない

この本でちょっと残念だったのは、「幼児だけが持つ天才的な機能をもはやとっくに失っている大人・・・」という部分。

「もはやとっくに失っている」とは思いたくないですし、そうは思いません。脳はそんなものじゃないと思っているし、そう信じたいのです。思い込み、決めつけやあきらめが、自分の可能性をつぶしてしまっているということを軽視してはいけないと思います。

あきらめたらそこで終わり。だから絶対にあきらめない。子ども時代のスポンジのような吸収力は、すでに失ったと思うから失ったように感じるだけ。自分の能力を封印してしまっている呪文を解いて、自由に伸びていきたいです。

スポンサーリンク
eigotadoku (large)
eigotadoku (large)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする