ユニークな視点が面白い英語絵本【4月英語絵本の会】

2021年度英語絵本の会チラシ

2021年4月、無事に2回目の英語絵本の会がありました。
参加したのは9名で8冊の絵本をみんなで楽しみました。記事タイトルにあるように、視点がユニークな絵本もありました。

スポンサーリンク
eigotadoku (large)

コロナ禍でのささやかな楽しみ

なかなか収束しないですが、感染対策に気を使いながら、知的好奇心も満たしたいですね。月に1回、1時間半という短い時間ですが、英語の絵本を持ち寄って絵本の話をする時間が楽しいです。
人と会う機会も減り、少しでもお話をしたいと感じているメンバーもいるでしょう。元気な顔を見るだけでホッとすると思っている人も。
絵本という架空の世界をしばし散歩することで、一時でも自由を手に入れて思うことを語り合うと、日頃のストレスも吹き飛びます。笑顔になって、スッキリした表情で部屋を出ていく私たち。
英語絵本の会があってよかったなと思います。

今回読んだ英語絵本を紹介

全ての絵本は紹介できませんが、3冊を選んで紹介します。

Granpa’s Slipers

おじいさんが毎日履いているスリッパが、ボロボロなのに気づいたおばあさん。新しいスリッパに替えてあげようと思うのですが、おじいさんはがんとして受け入れません。けれどもなんとしてもぼろぼろスリッパを捨てたいおばあさんは、あれこれ作戦を立てて実行します。すんでのところで作戦失敗。おじいさんが一枚うわてです。

繰り返しのフレーズなので、音とリズムが楽しめる絵本です。諦めないおばあさんは、最後には目的を果たすのですが・・・あれ?また振り出しに・・・。

The Three Little Wolves and the Big Bad Pig

『3匹の子ブタ』の物語をご存知ですか?お母さんから独立して暮らしなさいと言われた子ブタ3匹が、悪いオオカミから狙われるお話でした。
『The Three Little Wolves and the Big Bad Pig』は、3匹のオオカミの子どもが母オオカミから独立して暮らしなさいと言われ、大きな悪いブタに狙われるお話です。

ブタがこれまた本当に凶暴でワル。鉄で作った家ですら、ダイナマイトで爆破するのだから。オオカミたちは究極に強い家を吹き飛ばされ、次に考えた家とは・・・。ここまで発想の転換されると、気持ちが良いです。

Those Shoes

黒のハイトップで白の2本線が入ったシューズ。クラスの男の子もみんな履いているシューズに、男の子は憧れていました。この靴を持っていないのは自分ともう1人だけ。家でおばあちゃんに話すと、欲しいものじゃなく必要なものを買わないとねと言われます。ある時靴底が剥がれて、いよいよ靴を買う時がきます。でも欲しかった靴は高すぎて替えません。結局中古ショップに行って、自分には小さすぎる靴を買ってしまいます。この気持ち、わかる気がします。その後も、男の子は続きます。そんな男の子の気持ちに同調しながら読むのも楽しいです。

次回の予定

4月の英語絵本の会は22日で、このブログを書いているのは5月10日。かなり時間が経ってしまいました。今福岡県は緊急事態宣言発令中で、いろんなイベントが延期、サークル活動が休止を決めています。
この流れでおそらく5月の英語絵本の会もお休みになると思います。きちんと決まったら、Facebookの英語絵本の会のページでお知らせします。
やっと今年3月から活動が再開できたと喜んだのですが、残念です。今は感染を広げないために、みんなで協力し合う時ですね。

スポンサーリンク
eigotadoku (large)
eigotadoku (large)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする