コロナウイルスの影響は?2月の英語絵本の会

2月27日(木)、コスメイト行橋の会議室で英語絵本の会がありました。今回の参加者は大人7人、子ども1人です。いつもより少し少な目でした。

スポンサーリンク
eigotadoku (large)

コロナウイルスと今後の活動

この記事を書いているのは3月20日で、当時と今ではかなり状況が変わっています。今は学校が休校になり、外出を控える人が多くなっています。2月27日はまだ、そこまではなく自主的に集会やイベントなどをキャンセルすることがあったぐらいでした。

英語絵本の会もちょうどそんなときで、月に一度しかなく10名足らずの参加人数なので、まずは集まって今後のことを話しても良いかと思っていました。私たちの会は続けようと話したところでした。

ところがこの記事を書いている3月はかなり状況が変化して、いつも会で使っている施設がコロナウイルスのために閉館しているので、3月の英語絵本の会はお休みになります。

4月の例会は、今のところ未定です。施設が使えるようになったら再開できますが、全く予測がつきません。7月に予定している英語絵本のおはなし会は開催の方向で準備を進めますが、練習再開の目途が立たないためはっきりと開催と言えないところがもどかしいです。

この日読んだ英語絵本を紹介

今、行橋図書館が新図書館へのお引越しのため休館中なので、参加者が自分達で面白い英語絵本を探して持参し集まりました。その中から何冊かを紹介します。

Officer Buckle and Gloria

Buckle警官は小学校へ行き、子どもたちに安全教育をします。安全教育はとても大事・・・にも関わらず、子どもたちには退屈な話。全く話を聞かない子ども達。ある日、Buckle警官の元に警察犬のGloriaがやってきます。二人で小学校へ行き安全の話をしますが、子どもたちの視線はGloriaに釘付け。それに気づかないBuckle警官。後に子どもたちから送られてきた手紙の山に大喜び。

Zoogie Boogie Fever!

動物園へ行くと動物たちが寝そべったままであまり動きがなく、がっかりしたことはありませんか?彼らはなぜ、あんなにだるそうに寝転がっているのでしょう。この絵本はその問いにこたえてくれます。遊び心満点のストーリー。絵本を読んだ後に動物園へ行くと、夜の動物園を想像して笑っちゃうかも。

The Happy Day

もうすぐ春・・・ということで、この時期にぴったりの絵本でした。冬眠していた動物たちが、まだ眠そうな目を開けて雪の中から顔を出します。あっちにも、こっちにも、動物たちが顔を出します。そして同じ方向に走り出します。カタツムリまで!あんなに急いでいるカタツムリはなかなか見れない(笑)。彼らは何に向かっているのでしょう。

英語絵本を読んだ後は・・・

みんなで英語の絵本を読んだ後、7月に予定している英語絵本のおはなし会の準備・打ち合わせをしました。まだまだ先の話だと思えますが月に一度しか集まらないので、この時期から少しずつ打ち合わせと準備をします。どんな構成にしようかとか、歌はどんなのが良いかなど、みんなで意見を出し合ったり練習したりします。

今年のおはなし会はどうなるのか心配ではありますが、楽しむことこそが大事だと思っているので、おはなし会ができてもできなくても大丈夫。集まってあれこれ話し合うこと自体、楽しくてしかたがない私たちです。

実はまだ、来年度(4月から)のチラシもできていない状態です><;これから図書館オープンの日あたりにはできるように、がんばって作成したいと思います。完成したらこのブログやフェイスブック「英語絵本の会」のページにも掲載します。4月から、新図書館で活動ができることを願います。

お互いに手洗いうがいをしっかりやって、感染しないよう注意しましょう!

スポンサーリンク
eigotadoku (large)
eigotadoku (large)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする