Oliver & Amanda Pig シリーズ 全巻 おすすめ 洋書

スポンサーリンク
eigotadoku (large)

シンプルな英語で感動する

ほのぼの系ストーリーが好きな方には絶対おすすめです。イラストはFrog & Toadシリーズでおなじみの、Arnold Lobelです。1冊の中に短いストーリーが何話か入っています。ブタのお兄ちゃんOliverと、妹のAmandaがメインで登場します。Puffin Easy-To-Read Level2で、英語の難易度は高くありません。

YL1.2前後なので、洋書多読を始めたばかりでも十分楽しめます。また子ども向けの読み物とはいえ、大人が読むと意外に深いところで感動したりできるのです。子ども向けだから幼稚だ、という思い込みは消えてしまうと思います。とてもシンプルな英語表現で、ここまで表現できるということに驚くでしょう。英語学習用のリーダーとは一味違う、英語表現の心地よさを堪能してください。

Oliver & Amanda Pig こぶたくんシリーズの紹介

本の表紙画像をクリックするとアマゾンで購入できます。お気に入りを見つけたら、忘れないうちにご購入を。

『Tales of Oliver Pig』
YL1.2、総語数1,637
ブタのOliverくん、めちゃくちゃかわいいのです。そして妹のAmandaも!!イラストはあのほのぼの系絵本で大人気のArnold Lobel。シリーズの第1話です。ごくごく普通の日常を描いたストーリー。その中にじわりと心にしみる温かいものが伝わってくるのです。短いお話5話で構成されています。
『More Tales of Oliver Pig』
YL1.3、総語数2,500
兄のOliverと妹のAmandaが、ごっこ遊びをします。Oliverがお父さん役で、Amandaがお母さん役。子どもたちが熱を出した、病気した、ご飯を上げなきゃ・・・などなど、ほほえましい光景が。けれども二人とも、お母さんの出してくれたおやつにすっかり魅せられてごっこ遊びはおしまい。お父さんお母さんになるのは疲れるものだとつぶやきます。その他、面白い短編4話。どれもクスっと笑え、心温まります。
『Amanda Pig and Her Big Brother Oliver』
YL1.3、総語数1,300
ブタのOliverはまだ小さいのだけれど、お兄ちゃん。妹のAmandaの前ではお兄ちゃんなのです。Amandaはお兄ちゃんの真似をしたがりますが、まだできません。泣き出すAmandaへの両親の対応が素敵です。お兄ちゃんだって、まだまだ小さな男の子。両親に甘えたいときだってあるのです。平凡な日々だけれど、その中に確かにある小さな幸せを感じさせてくれるシリーズですね。

『Tales of Amanda Pig』
YL1.3、総語数1,782
ブタのAmandaはOliverの妹です。幼いAmandaの言動にクスリと笑ったり、時には歯がゆくなったり。ぐずったときのお母さんの対応が素晴らしく、子育てで疲れたときに読むのもいいかもしれません。ゆったりとした一家のリズムに浸ってみるのもいいものですね。
『More Tales of Amanda Pig』
YL1.3、総語数1,900
ブタのAmandaのお話続編です。いつも出てくるうさぎのぬいぐるみSallie Rabbitがかわいいです。そしていつもながら感心してしまうお母さんの対応。何度も読み返したくなります。
『Oliver, Amanda, and Grandmother Pig』
YL1.3、総語数1,800
おばあちゃんがOliverたちの家にやってきました。おばあちゃんは一人暮らしなため、子ども騒がしさに慣れていません。子どもたちの遊びにもついていけなくて・・・。初めはどうなるのかとハラハラしましたが、お互いの理解が深まっていきます。心あたたまるストーリー。
『Amanda Pig on Her Own』
YL1.3、総語数1,588
お兄ちゃんのOliverは学校に行きました。Amandaは遊び相手がいません。お母さんは家事で忙しそうにしています。いつもは一緒にいてケンカしてばかりの兄弟でも、いないとさびしいものですよね。Amandaの魅力がいっぱい詰まった1冊です。両親の穏やかな子育てにいつも感心するばかりです。
『Oliver and Amanda and the Big Snow』
YL1.3、総語数1,462
『Amanda Pig, Schoolgirl』
YL1.3、総語数1,428
Amandaが初めて学校に行きます。日の出前からわくわくして目を覚ますAmanda。夢と期待を胸いっぱいにして、お兄ちゃんと一緒に通学バスに乗り込むAmanda。どのシーンも、本当に楽しくて微笑ましいです。
『Amanda Pig and Her Best Friend Lollipop』
YL1.3、総語数1,492
Amandaのお友だちはLollipopというあだ名です。初めてのバス通学の時、ペロペロキャンデーを舐めていたからです。シャイなLollipopはあまりお話をしなかったのですが、が徐々に慣れてきたようです。
『Amanda Pig and The Awful Scary Monster』
YL1.3、総語数1,200
Amandaはおばけが大嫌い。毎夜、ベッドに入ると怖くて仕方がありません。お兄ちゃんはおばけなんていないと言います。お父さんも、怖がるとAmandaの恐怖心を取り除いてくれます。お母さんはAmandaはもうお姉ちゃんだから大丈夫と励ましてくれます。それでも怖がるAmandaでしたが、勇気を出して一歩前に出たら・・・。幼い子どもの心がとてもよく描かれていて、面白かったです。子育て中のお母さんはハマるかも。
『Amanda Pig and the Really Hot Day』
YL1.3、総語数1,488
『Amanda Pig, First Grader』
YL1.4、総語数1,605
『Amanda Pig and the Wiggly Tooth』
YL1.4、総語数1,359
Amandaの歯がグラグラしています。歯が抜けるのだと知り、大喜びです。お父さんが抜いてあげようかといいますが、怖くて抜けません。友達と遊んでいる間に歯が抜けていることに気がついたAmanda。歯の妖精はちゃんと来てくれるのか、心配でたまらないAmanda。ほほえましいです。
スポンサーリンク
eigotadoku (large)
eigotadoku (large)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする