おすすめ 洋書 Poppletonシリーズ全巻 大人も楽しめる

Cynthia Rylant Poppletonシリーズ 全8巻 癒し効果抜群です

Cynthia Rylantは、子どもたちに人気の作家さんです。主人公のPoppletonはブタ。ポケーっとした表情がたまらなくかわいいのです。Poppletonと仲間たちの、愉快でほのぼのとしたストーリーは疲れた身体と心を癒してくれること間違いなしです。この洋書シリーズの英語レベルはYL1.4です。

Poppleton 易しい洋書で読みやすく、大人も楽しめるシリーズ

本の表紙画像をクリックするとアマゾンで購入できます。お気に入りを見つけたら、忘れないうちにご購入を。

『Poppleton』
YL1.4、総語数842
Neighbors、The Library、The Pillの3話が収載されています。Poppletonはブタさん。都会の暮らしに疲れて、緑の多い街に引っ越してきたのです。すぐに隣人が様子をうかがいに来てくれるのですが、かまわれ過ぎてややお疲れ気味。のんびりするのが好きで、気まぐれで、涙もろくて心優しいPoppletonの第1作目です。
『Poppleton and Friends』
YL1.4、総語数771
The Shore Day、Dry Skin、Grapefritの3話が収載されています。友だちと海へ出かけるPoppleton。そこで素敵な思い出を作ります。第2話、第3話ではPoppletonのかわいい表情を見ることができます。乾燥肌に悩まされたり、苦手なグレープフルーツを食べてみたり。Poppletonの純粋さが妙におかしいのです。そしてPoppletonの周りに集まる仲間もまた、愉快で素敵なのです。
『Poppleton Everyday』
YL1.4、総語数715
The Sky、The New Bed、The Sailboatの3話が収載されています。Poppletonはまるで無邪気な子どものように振舞う大人のブタさんです。表情がやけに可愛らしく、どんなに無礼な振る舞いをしても、許せてしまうのがPoppletonマジックなのかも。新しいベッドを買いに出かけて、寝心地を確かめるために寝転んで、その後家でくつろぐ時にすることを全部やってみるなんて、あり得ない天然ぶりです。そういうところが読者を虜にするのでしょうね、Poppleton。
『Poppleton Forever』
YL1.4、総語数817
The Tree、The Cold、The Wallpaperの3話が収載されています。庭に植えた木の様子がおかしいことに気が付いたPoppleton。なんだか元気がないのです。木を元気にするためには何が必要なのか、わからないPoppletonは知人に尋ねます。親友のCherry Sueのアドバイスがちょっと感動的です。その他、風邪を引いたPoppletonのお話と、壁紙を張り替えるお話があります。どれもほのぼのとして癒されます。
『Poppleton In Spring』
YL1.4、総語数680
Spring Cleaning、The Bicycle、The Tentの3話が収載されています。春に大掃除をするPoppleton。不要なものがたくさん出てきます。全部捨ててしまうのもどうかと思い、親友のCherry Sueが何かもらってくれないか、聞いてみることにしました。Cherry SueとPoppleton、本当にいいコンビです。その他、自転車を買うことにしたPoppletonのお話、庭でテントを張って寝るお話があります。やはり期待を裏切らず、天然ボケ炸裂のPoppletonが大好きです。
『Poppleton Has Fun』
YL1.4、総語数760
The Movie 面白かった!Poppleton はなんてかわいらしいの!他2話はあたたかくほっとする友情が。(ずっと昔に書いた感想なので、拙くてすみません)
『Poppleton In Fall』
YL1.4、総語数830
Popppleton の表情がとってもかわいい。Cherry Sueはやさしい表情。今回もまた期待を裏切らなかった。(ずっと昔に書いた感想なので、拙くてすみません)
『Poppleton In Winter』
YL1.4、総語数784
このシリーズは面白い。Poppleton をはじめ、登場する人たちがみんないいキャラばかりで癒し系のお話。ところどころにほろりとさせる文章が。じんわりとした感動が味わえる。(ずっと昔に書いた感想なので、拙くてすみません)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加