4月の英語多読 おすすめの洋書 2016年

2016年4月に読んだKindle洋書と紙の洋書から、特に面白かったものをピックアップしました。今月は子どもの小学校入学で、なかなか読む時間がとれませんでした><;

英語初心者向けから中級者向けまで、レベルはいろいろ。ジャンルもいろいろです。実際に私が読んだ中から、読みやすい英語表現とストーリーの面白さで★★★★☆以上の評価をつけた洋書だけを選びます。

本の表紙画像をクリックするとアマゾンで購入できます。お気に入りを見つけたら、忘れないうちにご購入を。

注意:「YL●●●」は絶対的な基準ではありません。参考程度にお考えください。また、総語数できりのよい数字のほとんどは概算です。

YL0.0-1.0 簡単なレベルの洋書で英語がスラスラ読める感覚を体験しよう

英語がスラスラ読めて嬉しいと感じる経験は、想像以上に英語に対する姿勢を前向きにしてくれます。その気持ちが継続へつながります。

『This Then That Opposites Books for Kids』 Kindle洋書
YL0.1、総語数58
反対言葉を視覚的に理解できます。ストーリー性はありませんが、ちょっとした隙間時間に見たり、子どもと一緒に楽しんだりするのがおすすめです。
『Your First Golf Lesson』 Kindle洋書
YL0.7、総語数330
クマの親が子どもに、ゴルフにたとえて人生訓を語ります。子への愛情が見え隠れして、ちょっぴりジーンとくるお話しです。

YL1.1-2.0 「英語だから読んだ絵本」 それが出会いになる

絵本は子どものためだけの本じゃないことが、実際に読んでみるとわかります。今さら読めないと感じる絵本も、英語なら・・・。それが素敵な出会いや気付きにつながります。

『On Your Marks, Get Set, Go!』 Kindle洋書
YL1.3、総語325
Ladiという名の女の子と、Liz(とかげ)とCam(カメレオン)が誰が一番早く動けるかという話になり、よーいどん!で競争します。大自然の中で気ままに遊ぶシーンを見るうちに、知らぬ間にホッと心が緩んでいました。
『Eli’s Balloon』 Kindle洋書
YL1.3、総語数435
「大きくなったら何になりたい?何にでもなれるのよ」というお母さんの問いに、子どもは考えます。考えて考えて、想像はとどまるところを知りません。自由な発想で、大人になったら・・・と思いをめぐらせている楽しいお話です。
『Little Daruma and Little Tengu』 紙の洋書
YL1.5、総語数700
日本語絵本の英語版。日本語のタイトルは『だるまちゃんとてんぐちゃん』です。だるまちゃんとてんぐちゃんは、とても仲良し。仲がよくていつも一緒にいると、似てくると思いませんか?この二人もそう。だるまちゃんが、てんぐちゃんみたいになりたくて、家に帰ってお父さんにてんぐちゃんのような○○が欲しいと頼むのでした。けれど簡単にはいきません。あっと驚く展開が面白いです。
『ONE HUNDRED EGGS FOR HENRIETTA』 Kindle洋書
YL1.6、総語1,573
農場ではイースターの催しとして農夫さんのアイデアで、エッグハントをすることになりました。100人の子ども達を招待するのです。卵を産むのはにわとりの役目。けれども100個という数が多すぎて間に合いません。もう時間がない!人手(人ではないけれど)がない!さあどうする?!平和で気楽に読めるストーリーでした。
『Talisha Snow White & her little munchkins』 Kindle洋書
YL1.6、総語1,645
ある寒い雪の日の夜、ドアの外に赤ちゃんが置かれていました。赤ちゃんを包んでいる布には「Talisha」という文字が。みつけた夫婦は子どもを「Snow」と名づけて育てることにしました。夫婦はパン屋を営んでいて、Snowが成長してからはお店を手伝うようになりました。そのお店へ、働きたいという謎の女性が現れました。絵が綺麗でストーリーもしっかりしているのですが、やや展開に雑さが感じられました。
『The Ogre And The Master』 Kindle洋書
YL1.8、総語1,455
オーガという鬼は、村を襲っては人間を食べていました。ある日、宙に浮かんでいるカンフーの達人を見て、弟子入りすることになりました。厳しい修行の始まりです。修行が進んでいくうちに、首をかしげたくなる流れになってきます。それを楽しめるかどうかですね。ラストは衝撃でした。

YL2.1-3.0 英語の文章でストーリーを楽しむレベル

洋書には結構あるパロディが面白かったりする。1つの価値観にとらわれない自分になる、よいきっかけになるかも。

『The Three Little Wolves and The Big Bad Pig』 紙の洋書
YL2.5、総語数1,253
邦題『3ひきのかわいいおおかみ』。これは『3びきのこぶた』のパロディです。しょっぱなからお母さんおおかみの悪顔に笑い、それとは間逆のおおかみの子ども3ひき。かわいくて礼儀正しくて、どうみても育ちのよい犬にしか見えません。お母さんおおかみから、家を建てて自分たちでやっていきなさいと言われるのです。家を建てるとやってきたのが悪いぶた。絵を見る限り、おおかみの子ども達よりも強そうです。そして本当に3ひきのおおかみの子ども達を震え上がらせるのです。家を壊されては建て・・・を繰り返すうちに、話は意外な展開へ。全く予想できなかった結末に唖然としてしまいました。

YL3.1-4.0 難しい単語があっても、どんどん読む訓練をする

今月このレベルは1冊です。意外と難しい言葉がたくさんでてきます。そんなとき、どんな読み方ができるか?英語だって目的によって読み方を変えるのがあたりまえ、と気付くことも必要ですね。

『The Storm Book』 紙の洋書
YL3.7、総語数1,164
熱く乾燥した空気から一転、黒い雲が空を覆い、稲妻と横殴りの雨。そして嵐が去った後の輝き。その過程が豊かな言葉遣いで表現されています。自分がそこで実際に見ているように感じたり、においを感じたり、音まで聞こえてきそうでした。

YL4.1 以上 心理描写が繊細なストーリー

児童書レベルになると、かなり繊細な心理描写も出てきます。大人でもかなりの読み応えを感じます。

『Heartland 11 True Enogh』 紙の洋書
YL4.5、総語33,384
Boxerという馬がAmyの牧場にやってきました。AmyはBoxerが環境に馴染もうとしないことを心配します。Boxerの持ち主家族を訪ねると、なにやら不穏な空気。AmyはBoxerを救いたくて家族と関わりたいのにシャットアウト。Amyは悩みます。一方Tyとの関係も、1つだけ気がかりがありました。話が進むうちに二つの問題の共通点が見え始めます。家族の問題、馬の問題、そして新たな道を開いたAmyの乗馬コンテスト。この巻もかなりの読み応えでした。
現在販売中止(2016.7) 『Bittersweet』 Kindle洋書
YL5.0、総語62,650
Savannahの両親は離婚。お父さんは2年前に他界。母とはうまく行っていない。友達ともうまくいっていない。不思議なことにお父さんの死後、お父さんからメールが届くようになった。そういう出だしで始まり、お父さんの思い出に浸る日々と、母から送り出された父の弟の下での生活。精神状態はいいはずがなく、新しい環境で問題を起こします。「もう早く家に帰りたい」と思っていたけれど、時が経つにつれ、今の環境が居心地よくなりました。友人もできた、彼もできた。おじさんともいい関係に。見えなかったものが次第に見えてくるSavannah。順調な生活を送る中、どうしても触れられたくない、考えたくない心の傷が・・・。それはお父さんの死でした。彼女にとってはあまりにも酷で不可解だった死の真相と恐怖感の克服あたりが、特に面白かったです。

来月もおすすめ★4以上を紹介していきます。お楽しみに!

前のページボタン多読用 次のページボタン多読用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加