イメージでボキャアップ!(2) mishap

英単語を基本のイメージで理解して、丸暗記ではない語彙力をつけるために始まった「イメージでボキャアップ!」の第2回です。英単語の基本イメージがわかると、洋書多読で知らない単語に出会っても、文脈と英単語の基本イメージを元に、意味を推測する力がついてきます。
それでは今日のテーマ「mishap」について、洋書の中から例文を取り上げて説明していきます。気が向いたら、時間があったら更新する、気ままなボキャアップ(ボキャブラリーアップ)シリーズの始まりです。

筆者が「元英語落ちこぼれ」なため、難しい話はいっさいしません(笑)。英単語を語源からさかのぼり、その歴史から懇切丁寧に説明することはしません。語源は紹介しますが、あくまでこれは「英語のお勉強」ではなく、楽しく苦痛なく英単語を記憶に残し、応用力をつけ、知らない単語に出会っても、ある程度の推測ができるようになることに重点を置いています。

mishapはmis-とhapが合わさったイメージ

mishapという英単語、ご存知でしょうか? 知らない人でも、この英単語の一部分はどこかで見たことある気がしませんか? この英単語を分けるとすると、mis-とhapです。

mis-とは?(接頭辞)

mis-

mis-は見たことある!という人、多いのではないでしょうか。mis-が先頭につく英単語、いくつかパッと思いつきましたか?こんな単語、よく見かけませんか? たとえばmisunderstandやmiscommunication。mis-が英単語の前につくと、この後ろに来る英単語の意味に「間違えて、不適当に」という意味が加わります。mis-がつくと、悪い意味になると覚えるといいですね。misunderstandは「誤解」、miscommunicationは同じく「誤解」ですが「聞き間違い」や「伝達が上手くいっていない」というニュアンスを含みそうです。

ざっくり言うとmis-は、「本来あるべきではない(悪い)様」です。

ところで先頭につくmis-のようなものを「接頭辞」と呼びます。語尾につくのが「接尾辞」。接頭辞や接尾辞を理解していると、知らない単語の意味を推測するのにとても役立ちます。これから少しずつ、接頭辞・接尾辞にも触れていく予定です。

hapとは?

hapのイメージ

ではhapは?hapのつく英単語、思い浮かべてみましょう。私がすぐに思いつくのは・・・

    happen「(偶然に)起こる」とhappy「幸運」

です。
二つとも使用頻度が高い英単語なので、すぐに思いつきました。実はこの二つ・・・親戚です。兄弟と言ってもいいかもしれません。同じ語源(親)hapから生まれているからです。

どう考えたら「起こる」から「幸運」という言葉につながるのでしょう?この答えを見つけるためには、少々哲学的な想像力をかきたてる必要があります。「幸運とは?」と問うてみましょう。

私の答えは、幸運とは物ではないので取りに行って手に入れるものではありません。

    幸運とは、自分に「起こる」喜ばしい出来事

だと思います。
確かに「幸運を『つかむ』」という表現がありますが、それは自分が行って取ってくるという意味ではなく、自分のところにやって来た幸運を逃がさずにつかむイメージとして理解しています。「幸運が舞い込む」という表現もありますよね。

また、いくらお金や物を手に入れたからといって、幸運または幸せと感じるわけではないことは想像に難くないですよね。物に限定せず、自分に起きるすべてのことに好意的な気持ちが持てるとhappyになるというふうに、私は理解しています。

このようにhapの根っこには「起こる」があるようです。ところで何かが起こるというのは、「運」ですよね。「そういうめぐり合わせ」という風にも考えられます。この「運、めぐり合わせ」は良い意味なのだと思います。もともとわが身に起きるすべてのことは、自分に必要なことであるという認識に基づけば納得できます。一見面倒で嫌な出来事でも、過ぎてみれば成長や学びの良い機会だったりします。人生の中で「起きる」こと、「めぐり合わせ」は、本来は良い意味なのかもしれないとさえ思えてきます。

そう考えたときに、haplessという単語を見るとどうでしょう。これはhapとlessが合わさった言葉です。lessは「(何か)より少ない」という意味ですね。この-lessが接尾辞です。-lessについての詳しい解説はまたの機会にとっておきましょう。辞書に載っているhaplessの意味は「不運な」です。どうですか?ストンと腑に落ちたでしょうか?

「起きる」こと「めぐり合わせ、運」が少ないということは、成長や学びの機会も少ないと考えれば、「不運」という意味に納得できる気がします。あるいはhappy+lessと考えることもできますね。「幸せが少ない=不運」です。

mishapは「あ~あ(気分↓)」なイメージ

mishap

人気の洋書『The Wonderful Wizard of Oz』から1つ、mishapの例を挙げてみましょう。

洋書で見たmishap 『Wizard of Oz』から

『Wizard of Oz』第4章からmishapを使っている文章を見てみましょう。先ほどイメージで示したように、mishap=「あ~あ(気分↓)」なイメージを思い浮かべてみてください。それで例文を読んでみましょう。

Dorothy would pick him (Scarecrow) up and set him upon his feet again, while he joined her in laughing merrily at his own mishap.
(Dorothyが引っ張りあげて足を立たせてあげると、二人はScarecrowの不運を陽気に笑うのでした。)

この mishap という言葉、 mis- と hap から成っているのでしたね。mis- は先ほど別の単語を例に挙げて少し説明しましたが、「本来あるべきではない(悪い)様」を表します。

さて、それでは mishap は? hapは何かが起きること、または運・めぐり合わせ。そしてmis- は本来あるべきではない様。mishapは、「本来あるべきではない何か(悪いこと)が起こった」となりそうです。実はここで例文の前の部分を読むと、その悪い出来事が何なのかがわかります。

上の例文の前にはこんなことが書かれています。ちょっと長めに引用しますね。(The Wonderful Wizard of Ozの第4章より引用。括弧と数字は筆者が入れました。)

(1) After a few hours the road began to be rough, and the walking grew so difficult that the Scarecrow often stumbled over the yellow bricks, which were here very uneven. (2) Sometimes, indeed, they were broken or missing altogether, leaving holes that Toto jumped across and Dorothy walked around. (3) As for the Scarecrow, having no brains, he walked straight ahead, and so stepped into the holes and fell at full length on the hard bricks. (4) It never hurt him, however, and Dorothy would pick him up and set him upon his feet again, while he joined her in laughing merrily at his own mishap.

引用部分の内容をざっと説明します。
(1)歩いている道の舗装の状態が悪くなってきて、歩きにくくなりました。でこぼこしていて、Scarecrowは何度もつまづきました。
(2)道に敷かれているレンガが割れたりなくなったりして穴が開いた状態だったので、犬のTotoとDorothyは穴に落ちないようにジャンプしたり避けて歩きました。
(3)Scarecrowは脳みそがないために、穴があってもそのまま歩き、穴に足を突っ込んで見事にベタンと倒れてしまいました。
(4)Scarecrowはワラでできているので、怪我はしません。DorothyはScarecrowを立たせ、二人は彼の不運を明るく笑い飛ばすのでした。

いかがですか?Scarecorwのmishap(不運)とは?
「でこぼこになった道を上手く歩けずに倒れてしまったこと」ですね。

一文だけを見るよりは、このように前後の文章の中で知らない単語の意味を考えるほうがよくわかりますね。単語の意味を推測するための材料が、文章の中に散らばっているからです。

ゆる~く語源を見てみよう

「mishap」の語源は「mis」(bad 悪い)+「hap」(luck 運)で、意味は「不運(な出来事)」です。

語源はがんばって暗記するものではなく、たくさんの英語に触れるうちになんとなく馴染んでくるものだと思うので、覚えられないからと悲観することは全くないです。英語が使えるようになるには「英語の知識」ではなく、感覚を積極的に磨いていきましょう。それは理屈ではないです! 私がときどき使っている便利な語源を調べることができるサイトも紹介します。
リンクONLINE ETHYMOLOGY DICTIONARY ~ mishapのページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする