洋書で楽しく英語を学ぼう

必ず結果が出せる!英語力アップの秘訣とは?

楽しいことなら続けられるけれど、苦痛を伴うことは続けられません。言葉は継続的に使ってはじめて伸びていくものだから、まずは日常的に英語に触れる習慣づけから始めたいですね。急がば回れです。

top-1

行動分析学では、苦痛を伴う行動よりも楽しみを伴う行動のほうが、好ましい習慣づけに効果的と言われています。

top-2

紙の本とKindleを併用し、それぞれの利点を活用するとますます洋書を読むのが快適で楽しくなります。

top-3

洋書選びは難しいし、手間もかかります。このサイトで効率よく洋書を選びましょう。無料のKindle洋書もあります。

top-4

1年で約400冊のペースで洋書多読継続中の筆者が自信を持っておすすめする基準とは?

そろそろがんばる英語学習はやめませんか

まだ退屈な英語のテキストで英語学習を続けますか?

このサイトでは、私が読んで面白いと思った洋書をたくさん紹介しています。英語学習を継続させるコツは、「楽しい」と思うことです。ここにくれば、たくさんの面白い洋書に出会えるはずです。

英語の勉強は続かなくても、楽しみで洋書を読むことなら続けられそうです。暗記なんていらない、辞書も文法書もいらない、試験もなんにもないのです。自分で自分を追い込みさえしなければ、ストレスを感じることなく大好きな趣味として続けることができるのです。試験があると思うと励みになってがんばれることもあるけれど、そのがんばりは毎日、何年も何十年も続けられるでしょうか。

ここで話題にしている方法は、疲れることのない継続の方法です。疲れることなく継続的に英語に触れ楽しむ習慣が、英語の勉強や試験に素晴らしい力を発揮してくれるでしょう。「まず試験や資格あり」の英語学習からの脱却です。点数だけいいのに、資格はあるのに英語が思うように使えない状態はもう嫌。英語が本当に使えて、使うことが楽しくなる「自分でできる英語力開発」の方法です。

英語をマスターするためには勉強は必要じゃないの?

はい、必要です。けれども「勉強しなくちゃ」と思ってするよりも、「勉強したい」と思って勉強するほうが効果が大きいことは誰でもわかると思います。楽しみで洋書を読んでいくと体験できる素晴らしいことの1つに、人間が持つ本能である「もっと知りたい」という気持ちから、「英語の○○が知りたい」という具体的な欲求が生まれ、いつのまにか楽しく効果的に勉強を始めることができてしまうのです。

やりたくなるまでは勉強はしなくてもいいのです。「やらなくちゃ」ではなく、漠然と「やりたい」と思うのでもなく、具体的に「○○を知りたい」と思って行動する。それが本当の勉強なのです。その気持ちを自然に起こさせてくれるのが、勉強と位置づけない趣味の洋書多読です。

興味を持ったらすぐに始めること。とにかく何か洋書を読んでみましょう。いろんなレベルやジャンルの洋書をこのサイトで紹介しているので、まずは洋書探しをしてみませんか?

紙の洋書とKindle洋書 両方使うのがおすすめ

なぜ紙の洋書とKindleの洋書をおすすめするかいうと、それぞれに良さがあるからです。時と場合、気分により、上手に使い分けをすることで、それぞれの欠点を補い合い、ストレスなく洋書を楽しむことができます。
そこでこのサイトでは、

リンクⅠ.Kindleとは?

リンクⅡ.英語・洋書の多読を継続させる方法☆紙とKindleの洋書を上手く使う

についても、詳しく説明しています。

洋書の探し方は6通り

まずは1~3のおすすめ洋書から始めましょう。英語のレベル別に洋書を紹介しているので、自分に合った洋書を探しやすいです。
4と5は最新の情報を定期的にアップするので、もっと洋書を読みたい人に最適です。特に5.は無料の洋書なので、おすすめです。(注)無料は期間限定です。

このサイトを上手く活用して時間節約できると、それだけ洋書を読む時間を確保することができます。忙しい私達は、いかにしてやりたいことの時間を確保するかがとても大事ですよね。

リンク1.紙の洋書おすすめから探す

紙の洋書のおすすめだけを集めています。

リンク2.Kindle洋書おすすめから探す

Kindle洋書のおすすめだけを集めています。

リンク3.紙の洋書もKindle洋書も同時に探す

紙の洋書、Kindle洋書を同時に探せます。区別なくピンときた洋書を選びたいときはココ。

リンク4.今月のおすすめ洋書(紙の洋書とKindle洋書)から探す

毎月一度、私が1ヶ月で読んだ洋書の中から特に良かったものを選んでいます。紙の洋書、Kindle洋書があります。

リンク5.今なら無料 Kindle洋書から探す

一定期間無料の時期を狙ってご紹介していきますので、更新記事を見つけたらすぐに開いて無料でKindle洋書をダウンロードして、お得に読書しましょう。

リンク6.無料のオンライン洋書から探す

無料のオンライン洋書の中でも、良質と思えるサイトだけを厳選して集めました。音声を聞けるサイトもあります。

実際に読んだ洋書の中から厳選した洋書ばかり

読みもしないのに、他人の評価だけでおすすめしているのではありません。感じ方に個人差はありますが、「英語を読んで楽しめるか」という視点でさまざまなジャンルの洋書を紹介しています。読みやすい英語、ストーリーが難解ではないという2点を重視しています。

このサイトの特徴

1.実際に洋書を読んでおすすめかどうかを判断
2.紹介する洋書すべてに、読みやすさのレベル(YL)と総語数(概算もあり)を明記

おすすめの洋書を選ぶ基準

1.読みやすい英語であること
2.面白いストーリーであること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加